カードローンと一口に言っても、その種類は大きく分けて3つに分かれています。

これは貸し付けを行う業者の属性の違いであり、銀行系、消費者金融系、カード会社系の3種類があります。

それぞれの特徴について知り、自分にあった種類を選択するようにしましょう。

まずは銀行系のカードローンですが、融資額が大きく金利が少ないことが最大の特徴になっています。

銀行系の場合は、融資額の最大金額が1,000万円に達することもあり、多額の資金が必要な際に役立ちます。

また、金利も年率に換算して14%前後が最大値として設定されています。

次に消費者金融系は、融資額が銀行系と比較して若干下がり、金利も年率で最大18%ほどに上がります。

しかし、そのぶん審査にかかる時間が短く柔軟という特徴を持っています。

街中のATMからお金を引き出せるなど利便性も高く、一度の取引で数万円程度を引き出したい方に適します。

最後にカード会社系の場合は、クレジットカードのキャッシング枠という形でサービスを提供します。

事前に設定された枠内でキャッシングを利用するため、一般論として限度額は最も少なくなります。

カードを使った買い物と同じ感覚で使えることや、様々な特典を受けられることがメリットと言えます。